意識して手相以外にもプラスしたらいいのかも

私が本屋で見た手相占いの本にも、手相はただ書くだけではだめで、毎日のイメージトレーニングだったり、自分で運気を向上させる努力が必要だ、と書いてありました。 ただ、毎日手に手相を書き続ける。それだけで、他になんの努力もしないで出世できるなら、こんなにおいしい話はありません。 もしそれだけのことで本当に運気が改善できるなら、この方法はもっと広く世に伝わって、誰もがやっているでしょう。 やはり、なんにしても「現実に地道に努力していくこと」がベースで、もしも手相を書くことで、運が向上するとしても、あくまで地道な努力にいくらか上乗せする効果しかない、と考えた方がいいかもしれません。 私は夢占いも結構好きで、信じている方なのですが、夢占いのサイトにて、「どうしたら良い夢を見られるようになりますか?」との質問がありました。 そのサイトの占い師の返答は、「良い人生を送ることです。そうしたら良い夢が見られます」でした。 なるほど、と思いました。 質問した人は、良い夢を見れば幸運な現実がやってくるんじゃないか、だから良い夢を見たい、と考えていたのですね。 夢が原因で、現実が結果という考え方です。 ところが、占い師さんは「自分の人生をしっかり生きれば、それが良い夢につながる」と考えているのです。 現実が原因で、夢は結果の関係です。仮にそれが予知夢だったとしても、現実を少し先取りしているにすぎない、ということです。 これを読んで、すとんと納得しました。 手相占いもきっと同じことだと思います。良い人生を送っていれば、良い手相になるので、まずは自分の人生の質を高めることが大切なのだと思います。 「手相が良くなれば人生も良くなる」という考え方で、「手相を書けばいい運気がやってくる」という説もあるのだと思いますが、これを過度に信じてしまい、自分の人生をしっかり生きる努力を怠ってしまうのは、本末転倒ではないかと思います。 いい人生を送って、いい手相になりましょう!